田舎暮らしの良さ

country_main_image

3floor_midashi_li こちらでは、津市近郊での田舎暮らしをご紹介します。

inakamida1

thu-city2 ■ 山間部から海岸までの距離は15~20kmくらいで、海があり平野があり、海岸線に沿って海・平野・山間部がほぼ平行に立地しています。

■ どこの山間部に住んでいても、海までは30分くらいで行けますので、山間部の農村に住んでいても海の気分がすぐに味わえます。

■ 河川も小規模ながらたくさんありますので、山・川・海の暮らしが堪能出来ます。

■ 全くの田舎でもありませんから、病院・スーパー・学校は近くにあり、たいへん住みよいところです。

inakaj3   inakaj2 inakaj1
このようなお客様はぜひご一報ください。
自然の中でログハウスに住みたい!
海・川・池でのんびり魚釣りをしたい!
農業をやりたい!
竹炭づくりをしたい!
安全な野菜を自分で作って食べたい!
山菜・ハーブ・野草・薬草を楽しみたい!
蕎麦を自分で作りたい!
ホタルの舞う田園で暮らしたい!
自分で育てた鶏の卵を食べたい!  等々。

 
inakamida2

実際に田舎暮らしを始めてみたけれども、また都会に戻ってしまわれることがあります。 今までの都会暮らしとはまったくというほど違うことがあります。いろいろなことを考えて行動をおこしましょう。

1、病院まで、30分~1時間もかかってしまい面倒
 田舎とはいえ近くに病院があるところを探しましょう。

2、スーパーまで遠い
1週間から2週間分の食材を冷蔵庫に買いだめしてはいかがでしょうか?

3、銀行まで遠い
時々しか利用しませんから,あまり気にならないのでは。

4、小学校への通学
遠い所は学生用送迎バスがあります。

inakamida3

1、物々交換やってます。
農山村の人たちは意識することなく、自家で収穫したものを隣家等に差し上げる人が多いです。堅苦しく考えず、自分の生産した
ものを、いつでも良いので差し上げてみましょう。

2、家と家とは都会のようにくっついてはいません。
家庭生活は近所の目を気にせず謳歌出来ます。

3、 野菜、米を作り、鶏を飼って、自給自足の一歩。贅沢をしなければ、年金生活者でも十分やっていけます。
何もしない年金生活ではなく、毎日やる事があって、たいくつではない生活が送れます。

4、適度の運動が可能です。
 田畑での農業と,毎日の散歩があれば、足腰は十分鍛えられます。

5、春夏秋冬で自然と親しんだ生活が送れます。
 春は山野草(つくし、わらび、ぜんまい、タラの芽、せり等)、潮干狩り、桜の花見など
夏は、池・川での釣り、かぶと虫・クワガタの採集。
秋は、栗、キノコ狩。
冬は、ミカン狩。
野山に親しめます。

6、緑とオゾン一杯の空気
落ち着いて、すがすがしく過ごせます。

三重県津市にあるアメニティホームは、田舎ぐらしの不動産を取り扱っています。
マイホーム購入についてお気軽にご相談ください。
 yuuisei_soudan_br