財産としての不動産の優位性

今は定期預金にしていても、利息はわずかしかもらえないって・・・
このような悩みを持っていて相談される事が多くなってきました。


■平成24年2月の定期預金利息  例えば 1,000万円の預け入れで

例えば1,000円の預け入で
1年定期預金利息0.03%3,000円1年間で
3年定期預金利息0.06%18,000円3年間で
10年定期預金利息0.25%250,000円10年間で

全国銀行預金利率比較表は↓
https://homepage3.nifty.com/dkmiyabi/loan/yichiran.htm

住宅ローン利率、全国銀行貸出金利率表は↓
https://homepage3.nifty.com/dkmiyabi/cad/ichiran.htm

■平成24年2月の住宅ローン利率
年利率1.65%、借金期間が35年間の場合、2,000万円借り入れで返済額は62,717円になります。

今だからできる財産づくり

私は今だからこそ不動産で財産づくりの時だと思っています。
2,000万円の預金がある人ならば2,000万円の借り入れをすれば4,000万円の不動産が購入できます。
そこで2,000万円の土地を購入し、2,000万円の建物を建築します。
三重県で2,000万円の土地の水準といいますと、高級な土地といえると思います。

どうして高級な土地・建物を購入すのか?

財産とは?

財を産み出すものが、「財産」です。
例えばどんなに立派な住宅を新築しても、財を産みませんので、財産とは言いにくいと思います。
でも貸し出す為に、建築するのであれば立派な財産となります。

採算性

2,000万円の借り入れ金の返済(毎月62,717円)、家賃の賃料収入(毎月13万円~14万円)だとしますと、毎月7万円くらいの利益となります。
老後の年金代わりにはなりますよね。

詳しいご相談をお受けいたしております。
タイトルとURLをコピーしました